開示事項

Fisher Investments Japanは金融商品取引業者として日本の金融庁へ登録されています。Fisher Investments Japanは投資運用業務を日本のお客様へ提供します。

Fisher Investments Japanは、運用業務の一部をFisher Investments Japanの親会社であり、Fisher Investments の名でビジネスを行っているFisher Asset Management, LLCへ委託し、又は、お客様の資産を、Fisher Investmentsが運用を行うファンドへお客様の同意の下に投資します。Fisher Investmentsは、米国の投資顧問業法に基づいて米国証券取引委員会(US SEC)に登録されている独立系投資顧問会社です。

また、Fisher Investments Japanは、日本で投資運用業を行うライセンスを有するお客様に対して、Fisher Investmentsの提供する投資運用業務に関し、契約締結の媒介を行います。

本ウェブサイトは情報提供のみを目的として作成されており、Fisher Investments Japanの書面での事前承諾なしに、複製、転写、転送等をすることは禁じられております。本ウェブサイトは、法務、税務、投資その他のアドバイスを提供するものではなく、また、特定の有価証券の売買を推奨するものではありません。本ウェブサイトは、いかなる有価証券の取得の申込みの勧誘又は売付けの申込み若しくは買付けの申込みの勧誘を行うものではありません。

本ウェブサイトの内容は、作成した時点のものであり、Fisher Investments Japanは情報を最新のものに更新する責任を負いません。また、Fisher Investments Japanが信頼できると判断した情報に基づいて作成されていますが、その正確性、完全性について保証するものではありません。

証券投資には損失のリスクがあります。過去の運用実績は将来の運用成果を保証するものではなく、将来に同様の運用成果が得られるとは限りません。運用成果は流動的なものです。いかなる運用戦略においても、その運用成果を保証することはできません。

株式市場への投資結果は大きく変動する可能性があります。投資結果は、経済の不透明さや利率、物価指数、与信状況、法改正や政治環境など、一般的な経済情勢や市場環境によって大きな影響を受ける可能性があります。これらの要因は、有価証券の価格や投資の流動性に影響を与える場合があります。低い流動性のために、特定の投資対象物の売買ができず、投資対象物の価格に影響が出る場合があります。為替相場や換算レートの変動が投資効果を減少させる可能性もあります。小型株や中型株への投資は、より市場環境の影響を受けやすくなり、より大きな価格変動にさらされる可能性があります。新興市場への投資には、より高いリスクがあります。社会的、政治的、経済的な安定性に欠けており、証券市場が狭く、取引量も少ないため、流動性が低く、投資対象物の価格がより大きく変動する可能性があり、法的な制度も整っていないためです。これらのリスク要因は、同時に複数が組み合わさって生じる可能性があります。

運用報酬については、運用戦略や運用資産額に基づいて決定され、お客様との契約書に消費税相当額とともに記載されます。

Fisher Investments Japan

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2766号

一般社団法人日本投資顧問業協会加入

Fisher Investments JapanとFisher Investmentsについて

Fisher Investments Japanは金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2766号として金融庁に登録をされています。また、一般社団法人 日本投資顧問業協会の会員です。Fisher Investments Japanはその投資運用業務の一部を、Fisher Investmentsに委託します。

1979年に設立されたFisher Investmentsは、独立系の投資顧問業者です。現在の運用資産残高は約1,000億米ドル*です。Fisher Investmentsは、Fisher Investments機関投資家グループ(「FIIG」)、Fisher Investmentsプライベート・クライアント・グループ (「FIPCG」)、フォーリン・プライベート・クライアント・グループ(「FPCG」)、及びFisher Investments 401(k) ソリューションズ・グループ(「401(k) ソリューションズ」)から成る4つの主要事業グループを有し、多様な投資家のお客様で構成される国際的な顧客基盤を持ち、サービスを提供しています。Fisher Investmentsとその子会社の顧客には、175以上の大手機関投資家顧客と5万0,000を超える富裕層個人顧客が含まれます。設立者でエグゼクティブ・チェアマンであるケン・フィッシャーは、1984年から2017年までフォーブス誌に30年以上継続して「ポートフォリオ戦略(Portfolio Strategy)」と題する月次のコラムを寄稿し、同誌90年余りの歴史における最長のコラムニストとなりました。また、ニューヨーク・タイムズが出版した金融や投資に関する複数のベストセラー本の著者でもあります。(*2018年1月07日現在。Fisher Investmentsとその子会社を含む。)