Fisher Investments Japan 及び Fisher Investments 資本市場リサーチ

お客様には、Fisher Investments Japan 及び Fisher Investments を自社リサーチ部門の拡張機能のようにお考えいただきたいと思っており、幅広いリサーチを通じて、Fisher Investments Japan 及びFisher Investments による投資戦略だけでなく、お客様による調査活動もサポートしております。

Fisher Investmentsマクロ見通し 2020年第2四半期

マクロ見通し: グローバルマクロに関するFisher Investmentsの見通しを、豊富なチャートとともにご提供します。

2020年4月2日 市場アップデート Webセミナー抜粋

当ビデオでは、Fisher Investmentsリサーチ部門のシニア・ヴァイス・プレジデントであり、インベストメント・ポリシー・コミッティー・メンバーでもあるアーロン・アンダーソンが、新型コロナウイルスにより起こり得る市場への影響を議論します。また、今後3〜30ヶ月間の市場見通しに関してある程度楽観視できる点があることについてもご説明します。

2020年1-3月期のレビューと見通し概要

2020年1-3月期のレビューと見通し概要では、直近四半期の市場動向とFisher Investmentsによる今後の市場見通しについて、その概要をご説明します。

2020年3月 市場アップデート Webセミナー

当ビデオでは、Fisher Investments のシニア・ヴァイス・プレジデントでありインベストメント・ポリシー・コミッティー(IPC)メンバーでもあるマイケル・ハンソンが、激しい値動きが続く直近の市場動向及び現時点での市場見通しについてご説明します。

Fisher Investments JapanとFisher Investmentsについて

Fisher Investments Japanは金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2766号として金融庁に登録をされています。また、一般社団法人 日本投資顧問業協会の会員です。Fisher Investments Japanはその投資運用業務の一部を、Fisher Investmentsに委託します。

1979年に設立されたFisher Investmentsは、独立系の投資顧問業者です。現在の運用資産残高は約1,172 億米ドル*です。Fisher Investmentsは、Fisher Investments機関投資家グループ(「FIIG」)、Fisher Investmentsプライベート・クライアント・グループ (「FIPCG」)、フォーリン・プライベート・クライアント・グループ(「FPCG」)、及びFisher Investments 401(k) ソリューションズ・グループ(「401(k) ソリューションズ」)から成る4つの主要事業グループを有し、多様な投資家のお客様で構成される国際的な顧客基盤を持ち、サービスを提供しています。Fisher Investmentsとその子会社の顧客には、150以上の大手機関投資家顧客と68,000を超える富裕層個人顧客が含まれます。設立者でエグゼクティブ・チェアマンであるケン・フィッシャーは、1984年から2017年までフォーブス誌に30年以上継続して「ポートフォリオ戦略(Portfolio Strategy)」と題する月次のコラムを寄稿し、同誌90年余りの歴史における最長のコラムニストとなりました。また、ニューヨーク・タイムズが出版した金融や投資に関する複数のベストセラー本の著者でもあります。(*As of 4/30/2020. Includes Fisher Investments and its subsidiaries.)