Fisher Investments JapanとFisher Investmentsについて

Fisher Investments Japanは金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2766号として金融庁に登録をされています。また、一般社団法人 日本投資顧問業協会の会員です。Fisher Investments Japanはその投資運用業務の一部を、Fisher Investmentsに委託します。

1979年に設立されたFisher Investmentsは、独立系の投資顧問業者です。現在の運用資産残高は約1,000億米ドル*です。Fisher Investmentsは、Fisher Investments機関投資家グループ(「FIIG」)、Fisher Investmentsプライベート・クライアント・グループ (「FIPCG」)、フォーリン・プライベート・クライアント・グループ(「FPCG」)、及びFisher Investments 401(k) ソリューションズ・グループ(「401(k) ソリューションズ」)から成る4つの主要事業グループを有し、多様な投資家のお客様で構成される国際的な顧客基盤を持ち、サービスを提供しています。Fisher Investmentsとその子会社の顧客には、175以上の大手機関投資家顧客と5万0,000を超える富裕層個人顧客が含まれます。設立者でエグゼクティブ・チェアマンであるケン・フィッシャーは、1984年から2017年までフォーブス誌に30年以上継続して「ポートフォリオ戦略(Portfolio Strategy)」と題する月次のコラムを寄稿し、同誌90年余りの歴史における最長のコラムニストとなりました。また、ニューヨーク・タイムズが出版した金融や投資に関する複数のベストセラー本の著者でもあります。(*2018年1月07日現在。Fisher Investmentsとその子会社を含む。)